看護部長のごあいさつ

 


 

河端みのり看護部長

『一期一会 ~患者様・ご家族様との出会いに感謝して~』

令和2年1月1日付けで看護部長に就任致しました 河端(こうば)と申します。これまで三十余年看護部の礎を築き尽力していらした野平茂子顧問のご功績を引き継ぐ者として、身の引き締まる思いでございます。ご縁がございまして、昨年、この地で35年を迎える所沢第一病院看護部の一員となり、看護部の教育体制の構築・病棟の業務調整や整理をさせていただく中で、地域を支える病院の責任、そして病院の益々の繁栄のために、整えて行かなくてはならないことも見えて参りました。私どもは、時代の変遷とともに病院機能を変えながら、一般急性期医療治療が必要な患者様、長く療養を必要とされる患者様をお迎えし、看護・介護をご提供しております。この歴史ある病院で、「患者様らしくいらしていただくため」に、お気持ちに寄り添いながら、患者様とご家族様のご意思を尊重し、お望みを叶えられますように力を尽くして参ります。また、今秋には、地域包括ケア病棟の稼働も始まり、住み慣れた地域、ご自宅に一日も早くお帰りになれますよう、そのご支援の準備を進めております。

患者様・ご家族様との出会いに感謝し、優しい温かなサービスをご提供することを目指し、日々研鑽して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

 

【 これから看護師を目指す看護学生さんへ 】

『専門職として根拠を持ったケアを。自分の思い描く看護・介護を目指して』
私たちは同じ看護を志す者として、一人ひとりが思い描く看護を応援したいと思います。看護を志したきっかけは違っても、その仕事の素晴らしさに魅せられたことに変わりはありません。ご縁があり一緒にお仕事をさせていただくことに感謝しつつ、当院での看護・介護経験が、その方の財産になることを願っております。専門職業人として、責任を持って根拠を持ったケアを提供し、自分のケアに自信を持つ。限りない可能性を秘めた看護・介護です。立ち止まらずにより良いケアを目指して参ります。

 

『看護師の人生はデビューで決まる!!』
大好きな看護を提供できるようになるには、沢山の知識、正確な技術を身につけなくてはなりません。病態の理解、投与されている薬剤の理解、エビデンスに基づいた看護技術、総合的なアセスメント、多重課題・・・。新人看護師さんには学ぶことが沢山あります。でも大丈夫です。相談できる人間関係、学び合える職場環境で、教育体制を整えて皆様をお迎え致します。
看護師の人生はデビューで決まります。学びたいと思える環境、教育熱心な先輩、背伸びをし過ぎない業務で、一歩一歩を踏みしめ、着実に力をつけて行きましょう。
「新卒なのに療養病棟からのスタートで大丈夫?」と心配な方もいらっしゃるかも知れませんが、沢山の経験をご用意し、領域にとらわれないジェネラリストを育成して参ります。
看護師としての基礎を築く大切な1年です。看護師デビュー、志をしっかりと掲げて歩み始めましょう。

 

 

令和2年1月