リハビリテーション科では、リハビリを受けられる患者様のADLの向上とQOLの充実を目指して、職員の育成に力を入れています。


新人教育プログラム

当院ではプリセプター制を採用し、職業経験のない新入職員に対し、専門分野における知識や実技の獲得に向け徹底的に指導をすると共に、実務全般の遂行において求められる接遇や事務能力についても教育を進め、全人的な職業人の育成に努めています。


プリセプター制とは

先輩職員が、新人職員をマンツーマンで教育する制度です。当院では新人職員に安心して技術の習得をして欲しいので、プリセプター制を採用しています。

メリット

■先輩職員がマンツーマンで教えるので、技術の習得が早い。

■新人職員のスピードに合わせて指導を行うので、確実に技術を習得できる。


キャリアアッププログラム

実務経験を有する職員に対しても、 “得意分野を極める!!” をスローガンに定期的な勉強会の実施、年間を通じた研究発表会の開催など自主学習の場を広げています。

また、年末には上長との面談の場を設け、現状や今後の希望についてヒアリングを行い、精神面を含めて現状を把握して、目標が達成できるようキャリアアッププログラムを組んでいます。