理学療法、作業療法、言語聴覚療法(摂食機能療法)による多角的、かつ総合的アプローチにより患者様のQOL改善を目指します。

入院外来訪問リハビリテーション3本の柱として、急性期から慢性期(生活期)まで多岐にわたる、様々な疾患を有した患者様の評価・訓練・生活指導を含めた支援を行っています。


入院リハビリテーション

 急性期病棟では、整形疾患を抱えた方の手術前後から、また内科・外科的な疾患を急性発症した方などを対象に、機能回復を目的としたリハビリテーションを提供しています。療養病棟では慢性期の治療ステージにある患者様を対象に、長期に渡る療養を目的とし、機能維持やALD改善などを目的としたリハビリテーションを実施しています。地域包括ケア病棟では、急性期治療を経過し、症状が安定した方に対して在宅や介護施設への復帰支援に向けたリハビリテーションを展開しています。


外来リハビリテーション

退院後のフォローや事故・労災による物理療法、慢性疾患や日常生活で抱える痛みなどに対して多岐にわたる治療を行っています。介入に際しては個別プログラムを作成しマンツーマンでのリハビリを実施しています。また、患者様には2週間おきに診察を受けて頂いており、主治医とも密に連携を図りながら実施しています。


訪問リハビリテーション

退院後の生活に不安のある方に対する短期的な介入から安定した在宅生活を希望される方に対する長期的な介入まで、幅広く利用者様11人のニーズに応じたサービスを提供しています。家屋環境に合わせた機能訓練や生活指導などの屋内動作はもちろんのこと、車の乗り降りや屋外歩行など外出時を想定した広い生活圏へのアプローチも行っています。

対象となる方

要介護1以上の方で、主治医が訪問リハビリが必要だと診断された方

※要支援の方は「介護予防訪問リハビリテーション」を利用することができます。

介護保険、医療保険での訪問リハビリテーションを行っております。

※医療保険をご利用になられる場合は、条件がございますのでお問合せください。

ご相談/お問合せ

所沢第一病院 リハビリテーション科

04-2944-5800(代表)

受付:9:00~17:00
(日祝除く、土曜のみ12:00まで)