院長の挨拶

略歴概要

日本大学医学部卒業後、国立病院機構災害医療センターで研修医として勤務。 「絶対に断らない」を可能にするハイレベルな環境の中、数々の修羅場と多くの学びを経験。 その後、「自ら動けること」が生活基盤だと感じ整形外科医を目指す。
埼玉県立小児医療センターでは小さい子どもに対する整形外科は成人と全く違うことを経験。一人一人に合わせた的確な判断の大切さを養う。
所沢第一病院の病院長就任後も「この患者さんにとってベストな方法」を考え続け、 幅広いネットワークを活用し大学病院や海外へ最先端治療の見学に行くなど、絶えず学ぶ姿勢で内外からの信頼が厚い。
日本整形外科学会整形外科専門医

略歴年表

2003年:日本大学医学部 卒業
2004年:国立病院機構 災害医療センター 研修医
2006年:同センター 整形外科 勤務
    (埼玉県立 小児医療センター 非常勤)
2014年:医療法人社団 青葉会 一橋病院 勤務
2016年:医療法人社団 秀栄会 所沢第一病院 病院長就任
現在に至る